読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘れながら生きてる

観劇や読書の備忘録。基本ネタバレ全開。敬称略でごめんね。

劇団鹿殺し5年生企画『のべつ幕なし』

敗者の幸福のあり方の物語。 主人公がもがき、苦しみ、考え そしてそれが何ひとつ伝わらないもどかしさが舞台の上で大きな熱量となっていた。終盤のアレは、彼の負う障害から考えると 心象風景/あるいは理想の幻想/あるいは 表向きのハッピーエンドと捉えた…

鵺的『幻戯』

『昆虫系【改訂版】』でドハマりしたのだけれど なかなかタイミングが合わなくて、観れなかった劇団さん。 久々に観たのだけれども、やはりすごく良かった。 こういう世界観ってすごく好き。 目の前でググッと凝縮されて押込められた人間の感情が チラチラと…

身内うけユニット7%竹『墓場にて、竹。』

活動停止公演と聞いて。 以前A-1グランプリにて短編は観たことあったので楽しみに行った。 笑いまくりの非常によい時間をすごせたし こういうものなら何時間でも観ていられるなと思った。しかしこの手のぶっ飛んだコメディってどうやって作るのだろう。 ある…

殿様ランチ『正義について』

「柑橘系の融通の利くあの方」(劇団Twitterより)が ゲストトークの回にお邪魔してきました。 うん、セットで見れてよりおいしかったと思います。ずいぶん今までの殿ランと印象が違うなーという感じでした。 良くも悪くも、期待を裏切られたというか。 殿ラン…

授業フェスティバル 風蝕異人街/長堀博物館◎プロデュース

バジリコFバジオ『愛と平和。』

面白かったし一生懸命で素敵だったし感動もしたんだけれども あんまり好みでもなかったかなぁな印象。味わい堂々浅野千鶴の好演が印象的。 本当にいろんな表情を見せてくれる女優だ。

劇団かさぶた『殻とキミ』

非日常と日常の描き方が面白い。 やっぱり西野マコトの作品は好きだ。劇団員南雲康司がいいキャラクターを見せていた。

こゆび侍『うつくしい世界』

「うつくしい世界」ということは きっと美しくない世界を描くのだろうと まずタイトルを聞いたときにそう感じて、 その予測はなかなかに的を射ていたが、 しかし結局最後には美しい世界を想わせてもらった。ファンタジーを描く責任、というのに真摯だなぁと…

『日本の問題【学生版】』チームA

動物電気『タッパー!〜男の器〜』

非常に笑わせていただきました。 芝居観て笑いすぎて声枯れたとか、なかなかない経験。 最前列桟敷席で見ていましたので、もう飛び散る汗が!冒頭、身体を張った「本編とは何の関係も無いコント」からはじまり 全体的に身体を張った、意味の無い、コメディチ…

楽園王『仮病ガール』

楽園王20周年記念二作連続公演その二、らしい。 初めて楽園王の長編というか本公演を見たわけだが 作・演出の長堀博士の言葉が音楽的にも文学的にも非常に美しく また、主演の大畑麻衣子の好演により世界観にぐいぐいと引き込まれていった。 句読点ずらしと…

『日本の問題』チームA

小劇場版『日本の問題』と銘打たれた、全8劇団が参加した公演。 残念ながら日程の都合がつかずAチームしか拝見できなかった。当パンどっか行っちゃったのでそれぞれのタイトルは後で付記します。経済とH 一言で言ってしまえば面白くなかった。 それは問題…