読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘れながら生きてる

観劇や読書の備忘録。基本ネタバレ全開。敬称略でごめんね。

リチャード三世

演劇というかある種のショーというか。
戯曲読んで演出のイミを考えてニヤニヤしたい作品。
古田新太すげぇ~って感じではなかったけど、古田新太はリチャードでした。


↓以下ネタバレ


古田新太目当てで行ったのに銀粉蝶に惚れて帰ってきたというw
でもホントにこの芝居は女キャスが見事でした。
エリザベスとヨーク公夫人とマーガレットのシーンが本当によかった!
アンとかは割りと影薄かったからいいやどうでも。笑


たぶんすごく斬新な演出。
日本でやったシェイクスピア劇を観たことないから詳しくは知らないけど。
舞台上にいくつもモニターがあって
リチャードの独白やマーガレットの呪いの言葉が
文字となって画面上に読める形で現れていました。
うん、すごくいいと思う。笑


もともとの話を知らなかったのでストーリーを追うのでいっぱいいっぱいでした。
最初は退屈だったけど、物語の四分の一くらいきたところで面白くなってきたw
ただ、リチャードとバッキンガムの台詞が所々聞き取りづらかったのがなぁ。
古田氏は現代劇のほうが口に馴染む印象があります。まぁ二回しか観てないけど。