読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘れながら生きてる

観劇や読書の備忘録。基本ネタバレ全開。敬称略でごめんね。

15 Minutes Made vol.15

ダブルキャストや既存作品の焼き直し/縮小版が目につき 「それぞれのホンキが集った祭典」というより やっつけな印象を受けてしまった今回。 作品はどれもそれぞれ満足いったのですけどね。 ちょっぴり寂しかったな、なんて。 (劇)ヤリナゲ Mrs.fictions miz…

劇団鹿殺し5年生企画『のべつ幕なし』

敗者の幸福のあり方の物語。 主人公がもがき、苦しみ、考え そしてそれが何ひとつ伝わらないもどかしさが舞台の上で大きな熱量となっていた。終盤のアレは、彼の負う障害から考えると 心象風景/あるいは理想の幻想/あるいは 表向きのハッピーエンドと捉えた…

『箱の中身2016』

やっぱり物語は二転三転して欲しいよね。 見え方によって変わってくる真実、という構図の作品大好き。 ボブ長谷川と秋山についての関係は、もうちょっと考える……。 やっぱり見ていて、それを蓋したけど深層心理で暴れまわったのかね。ボクサーのくだりは、な…

劇団チャリT企画『1995』

【Twitterで呟いたものの再録になります】うーん。劇団チャリT企画、初見だったけど期待しすぎたかしら。 内輪ネタ、キかないメタ構造、あざとすぎて耳障りなキーワード。 意味の通じない出ハケがあったり (下に用事があったはずが喋るだけ喋って上ハケとか)…

『ブロッケンの妖怪』

ある秋の日の午後。絵本作家の打越(竹中直人)と担当編集者の黒柳(生瀬勝久)、そして、打越の放浪癖と浮気性を心配する恋人の桃(安藤聖)が、高地にある大きな湖の真ん中に浮かぶ小島を訪れていた。そこには城のような洋館が建っており、それが島の敷地…

ヒメゴト~十九歳の制服~

ヒメゴト?十九歳の制服?(1) (ビッグコミックス)作者: 峰浪りょう出版社/メーカー: 小学館発売日: 2013/03/29メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るネットで試し読みしたら気になってしまい 中古でも値落ちしていなかったので kindle版で購入して…

スズキさんはただ静かに暮らしたい 2

スズキさんはただ静かに暮らしたい 2 (ゼノンコミックス)作者: 佐藤洋寿出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2015/09/19メディア: コミックこの商品を含むブログを見る新刊出てた!とウキウキで購入。 (ウキウキするような話でもないけど) (というか確認し…

アガリスクエンターテイメント『ナイゲン(全国版)』

噂は気になりつつも、売れてるからこそ なんとなく観に行けなかったアガリスク。そして『ナイゲン』。 評判いいからこそ、じゃあ私が行かなくてもいいかって思ってたところはあった。 あとなんか、リア充がキラキラした作品に耐えられる気がしなくて……。笑た…

たすいち『ノンタイトル』

書くことでの昇華と発散と切実さ。 ……あと、共依存こわいね。今までも色々な劇団で何作か自叙伝的な作品は観てきたけど (鵺的『丘の上、ただひとつの家』などもそうかな) やっぱりこういうものは書き手のキャラクターが出るな、と。 漫画家を描く漫画や劇…

feblaboプロデュース『ホテル・ミラクル2』

ホテルの一室を覗き見るような作品だったのに 性的に興奮したりエロスを感じたり官能的だったというよりは 人と人とがどうにかしてすり合わせながら繫がろうとする 本能のような恋愛がしたくなる劇後感。 米内山陽子脚本の「こうかん」は 悪い意味じゃなく女…

スズキさんはただ静かに暮らしたい 1

スズキさんはただ静かに暮らしたい 1 (ゼノンコミックス)作者: 佐藤洋寿出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2015/04/20メディア: コミックこの商品を含むブログ (2件) を見る試し読みをしてみたら引き込まれたので購入。 なかなか面白い作品で、小さくガッツ…

2015年観劇録(随時追加)

2015年12月 KAKUTA『痕跡』 劇団チャリT企画『1995』 鵺的『鵺的第一短編集』 11月 アガリスクエンターテイメント『ナイゲン(全国版)』 オーストラマコンドー『チック』10月 たすいち『ノンタイトル』 日本のラジオ『ココノ イエノ シュジンハ ビョウキ デ…

2014年観劇録(思い出したら追加)

12月 『トンカツロック』 エビス駅前バー『葬式クラス2014』11月 時間堂『衝突と分裂、あるいは融合』5月 楽園王『青森県のせむし男』2月 殿様ランチ『うわつら』

劇団鹿殺し『BONE SONGS』

やっぱり鹿殺しのパワーはすごい。 そして菜月チョビは本当にパワフルで魅力的な女優だ。鹿殺しは、やっぱり結局最後の最後で救われないんだなぁ。 個人的にはエピローグなんていらないよって思ったんだけど でも、あれがなきゃ締まらないもんなぁ。チョビさ…

鵺的『幻戯』

『昆虫系【改訂版】』でドハマりしたのだけれど なかなかタイミングが合わなくて、観れなかった劇団さん。 久々に観たのだけれども、やはりすごく良かった。 こういう世界観ってすごく好き。 目の前でググッと凝縮されて押込められた人間の感情が チラチラと…

2013年観劇録(思い出したら追加)

10月 THE REDCARPETS『ママは悪魔』8月 カタルシツ『地下室の手記』3月 劇団鹿殺し『BONE SONGS』 エビス駅前バーreboot『捨てる』 ゴアゴアガールズ『俺がヤギでもその手紙だけは食えない』2月 『ウェルズロード12番地』 鵺的『幻戯』1月 『組曲虐殺』

身内うけユニット7%竹『墓場にて、竹。』

活動停止公演と聞いて。 以前A-1グランプリにて短編は観たことあったので楽しみに行った。 笑いまくりの非常によい時間をすごせたし こういうものなら何時間でも観ていられるなと思った。しかしこの手のぶっ飛んだコメディってどうやって作るのだろう。 ある…

グスコーブドリの伝記

宮沢賢治の名作が、また杉井ギザブローで映画化と聞いて。 でも正直期待はずれだったというか原作殺しだったというか デジタルアニメをわざわざスクリーンまで観に行くこともなかったかなというか えーっとそんな印象でした。全体的に繋ぎが雑で、展開が唐突…

さんすくみ 4

さんすくみ 4 (フラワーコミックスアルファ)作者: 絹田村子出版社/メーカー: 小学館発売日: 2012/05/10メディア: コミック購入: 1人 クリック: 7回この商品を含むブログ (9件) を見るかわいいやつらめ! 読んでて自然に勉強になるのはありがたい。面白いしね…

ぴんとこな 1

ぴんとこな 1 (Cheeseフラワーコミックス)作者: 嶋木あこ出版社/メーカー: 小学館発売日: 2010/02/26メディア: コミック クリック: 8回この商品を含むブログ (15件) を見るわりとフツーに少女漫画だった。 この先どう歌舞伎が絡んでくるのか。

殿様ランチ『正義について』

「柑橘系の融通の利くあの方」(劇団Twitterより)が ゲストトークの回にお邪魔してきました。 うん、セットで見れてよりおいしかったと思います。ずいぶん今までの殿ランと印象が違うなーという感じでした。 良くも悪くも、期待を裏切られたというか。 殿ラン…

授業フェスティバル 風蝕異人街/長堀博物館◎プロデュース

バジリコFバジオ『愛と平和。』

面白かったし一生懸命で素敵だったし感動もしたんだけれども あんまり好みでもなかったかなぁな印象。味わい堂々浅野千鶴の好演が印象的。 本当にいろんな表情を見せてくれる女優だ。

劇団かさぶた『殻とキミ』

非日常と日常の描き方が面白い。 やっぱり西野マコトの作品は好きだ。劇団員南雲康司がいいキャラクターを見せていた。

こゆび侍『うつくしい世界』

「うつくしい世界」ということは きっと美しくない世界を描くのだろうと まずタイトルを聞いたときにそう感じて、 その予測はなかなかに的を射ていたが、 しかし結局最後には美しい世界を想わせてもらった。ファンタジーを描く責任、というのに真摯だなぁと…

『日本の問題【学生版】』チームA

動物電気『タッパー!〜男の器〜』

非常に笑わせていただきました。 芝居観て笑いすぎて声枯れたとか、なかなかない経験。 最前列桟敷席で見ていましたので、もう飛び散る汗が!冒頭、身体を張った「本編とは何の関係も無いコント」からはじまり 全体的に身体を張った、意味の無い、コメディチ…

『ポスターを貼って生きてきた』

ポスターを貼って生きてきた。 就職せず何も考えない作戦で人に馬鹿にされても平気で生きていく論作者: 笹目浩之出版社/メーカー: パルコ発売日: 2010/10/28メディア: 単行本 クリック: 16回この商品を含むブログ (7件) を見る演劇関係で手に取った一冊。 時…

楽園王『仮病ガール』

楽園王20周年記念二作連続公演その二、らしい。 初めて楽園王の長編というか本公演を見たわけだが 作・演出の長堀博士の言葉が音楽的にも文学的にも非常に美しく また、主演の大畑麻衣子の好演により世界観にぐいぐいと引き込まれていった。 句読点ずらしと…

原田宗典『彼の人生の場合と彼女の人生の場合』

彼の人生の場合と彼女の人生の場合 (文芸シリーズ)作者: 原田宗典出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2001/07メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見るふと立ち寄った図書館で戯曲でも読むかと思い 原田宗典だからと手に取った一冊。 読み始めて気…

『日本の問題』チームA

小劇場版『日本の問題』と銘打たれた、全8劇団が参加した公演。 残念ながら日程の都合がつかずAチームしか拝見できなかった。当パンどっか行っちゃったのでそれぞれのタイトルは後で付記します。経済とH 一言で言ってしまえば面白くなかった。 それは問題…

イキウメ『太陽』

久々にシンプルなタイトルできたなぁと思いつつ。 青山円形劇場はあまり好きではないのだが、 それでも入り込んで観られるだけの引力があった。大窪人衛の役は当初窪田道聡だったのではなかろうか、と邪推。 それでも大窪人衛も見事な熱演だった。 やっぱり…

東京原子核クラブ (ハヤカワ演劇文庫 16)/マキノ ノゾミ

マキノノゾミ (1) 東京原子核クラブ (ハヤカワ演劇文庫 16)/マキノ ノゾミ ¥840 Amazon.co.jp マキノノゾミの優しい視線。 この人の作品が愛される理由がわかった気がする。 日常を丁寧に切り取ることが、時に"異常"への痛烈なアンチテーゼとなる。 喜びや…

イキウメ『プランクトンの踊り場』

プランクトンの踊り場 久々に赤坂赤劇場行ってまいりました。 やっぱここのがいいなぁ。 ↓以下ネタバレ(結構ネタバレ) つい先日、紙垂をネットで作り方調べて作ったばかりだったので 初っぱなから笑えましたw 今回は本当に「冷たいって言ったから」まで、何…

幸せの歌を歌う犬ども

幸せの歌を歌う犬ども 当てられ書き。 ↓以下ネタバレ う~ん、なんか最後ポーンと投げ出されちゃったような感じ。 どうなるか見届けたかったし結末が欲しかったので不完全燃焼。な感じ。 当てられ書き、というわけで役者がやりたい役を脚本家が書くという 面…

イキウメ『見えざるモノの生き残り』

若干SF色薄めな気が。 ↓以下ネタバレ 若干SF色薄めのイキウメ。 わりと心理とか哲学みたいな話になってた印象でした。 非現実を現実に変えていく前川マジックが好きなので ちょっと物足りなさはあったりも。 まぁでも伏線の張り方と会話のテンポは見事でした…

狭き門より入れ

明日世界が終わるとしたら。 ↓以下ネタバレ 家族の確執物と記憶喪失物に弱い私は大号泣でしたよ。 色々書こうと思ったけど、いざパソコンに向き合って書こうとすると 上手く言葉が出てこないなー。 亀様が思いのほか声高めだなーと思いました。 手塚さんは"…

劇団桟敷童子『ふうふうの神様』

いやぁ、ミラーボールを見たときはどうなることかと思った。笑 歌う椎名さん観ながらどこのURASUJIかとげふんげふん ストーリー的には怪奇現象系で、まぁ私の好みかといえばうーんなのですが それでもやっぱりゾクッとしたし、泣いたし、面白かったです。 歌…

リチャード三世

演劇というかある種のショーというか。 戯曲読んで演出のイミを考えてニヤニヤしたい作品。 古田新太すげぇ~って感じではなかったけど、古田新太はリチャードでした。 ↓以下ネタバレ 古田新太目当てで行ったのに銀粉蝶に惚れて帰ってきたというw でもホン…

イキウメ短篇集

やっぱこの人すげぇや。 賽の河原で踊りまくる「亡霊」 輪廻TM ゴッド セーブ ザ クイーン 瞬きさせない宇宙の「幸福」 安井順平氏が出ててビックリしたわ。笑 あんた、本業は!?いや、役者の姿すごく好きだからいいんですがw (てか今ウィキ見て知ったけど…

冬の絵空

何が本物か。何が謀りか。人の証の立て方とは。 いやぁ~、生瀬さんは生瀬さん節全開だし 仁さんは舞台上でもめっちゃ仁さんのまんまでしたね。笑 忠臣蔵をモチーフとは言ってたけど全然お固くないいい芝居でした。 ストーリーは平たく言えば、役者が代わり…

Bye Bye SUPERSTAR

四十路アイドルに夢中です。笑 ↓以下ネタバレ 吉祥寺シアターにて。いやぁ無駄に天井高いなぁw 演劇としてはストーリー、演出、舞台、役者ともに微妙でしたが もはやアイドルの追っかけみたいな気分なのでオッケーです。笑 やっぱり音楽畑出身の池田アポロ…

劇団扉座『人生のクライマックス』

人はみんな、裏があるんだ。 ↓以下ネタバレ とりあえず思ったのは、いい子ちゃんエンドじゃなくてよかった~!笑 そして本当に本当に、面白いお話でした。 好き。こういうのすごく好き。 ストレートプレイが普通に面白くて安心しました。安心てなんだ。笑 い…

イキウメ試演会『煙の先』

くるったせいぎ。 「助けてっていったんだからね!」 あぁー。すごい狂気でした。好き。すんごい好き。 浜田さんの突然豹変してダンボール蹴飛ばしたりするシーンも好き。 あと店長のキャラも好き。 SFチックなものがないという点では普段のイキウメとも少し…

劇団桟敷童子『黄金の猿』

ドウダラダッタと我は行く 今回描かれていたのは、絶滅へ至ろうとしている民族の 悲しみと決意、といった感じでしたので 今まで私が観てきた、普通の市井の人々の戦いを描く桟敷童子の芝居とは ちょっと違うものを感じました。 アクション的な要素もずいぶん…

鬼灯町鬼灯通り三丁目

六角精児を堪能したぜ。 ↓以下ネタバレ やっぱ六角さんすごいなぁ。 舞台上でさらけだして不細工になれる役者がどれだけ尊敬に値するかを ヒシヒシと感じることが多いこの頃であります。 有名所を使っての公演だからか、今回の脚本は割と王道でわかりやすか…

ハイ!ミラクルズ

……う~ん。 ↓以下ネタバレ 去年の私なら手放しで喜べたんでしょうが、最近目が肥えてしまって。 まず最近観た二つの芝居とちょっとかぶりすぎてた。 冴えない40代の三人の男が奔走する話というのが、劇団サードクォーターのと。 一人の歌って踊れる元アイド…

M.O.P.『阿片と拳銃』

いやぁ、泣いたわぁ。 ↓以下ネタバレ M.O.P.が終わると聞いて、駆けつけてまいりました。 あ、でもまだ二回あったのね!(そりゃそうだ ハーフプライスチケットは本当に助かりました。 素晴らしい制度!他ももっと取り入れるべきよ。 M.O.P.は知ってるようで…

劇団桟敷童子若手番外公演『ぱぴよん/ぬらりひょん』

「僕はその夏、不純異性交遊に明け暮れていました…」 ↓以下ネタバレ 若手番外公演。 劇場の場所がわかりにくくて、制作さん(当制さん?)とおぼしき方に ずいぶんお世話になってしまいました。 こういうフォローが手厚いのが、客を大事にしてる桟敷童子のよさ…

イキウメ『表と裏と、その向こう』

生きること。死ぬこと。私の時間。あなたの時間。運命とは。決意とは。 本当に面白かった。大切な人と観たい芝居。 やっぱりイキウメは、その芝居の時間どっぷりイキウメ色に浸かれるのがいい。世界観って大事だと思うし、やっぱりイキウメが創る時間・空間…